お家で天ぷら


山菜! 車海老!

もうこれだけで天ぷらに決まり!

こんな豪華なお裾分けを頂戴したら、 気持ちはMAXで盛り上がります~❤


因みに、ウニは箱ごと食卓に。 ひとくち分を海苔で巻いてパクッ。 そして鮪は、明日、丼に~♪


活けの車海老の殻は剥きにくいんです。 殻が身から剥がれない剥がれない。 頭を落として足を剥がし、 身から剥がれてくれない殻を

何とか剥がし、天ぷら衣をからめます。


高温の油で足を素揚げにし、

身は半生に揚げる。 とりあえず半生はうまくいったけど、 身をのばす処理が中途半端で クリンと巻いてしまった。 その見た目はともかくとして、 美味でございました❤


タラの芽、独活の芽、紫アスパラ。 アスパラは、新鮮だとほんと柔らかくて、切り口から水分があふれ出て、く~る~。

独活の芽は初めて揚げたので加減がわからず、そのまま揚げたら食べにくかった。 繊維の方向を考えてひとくちサイズにするのが良い、と学びました。







少し残して置いたのを小さめに切って、 かき揚げに。

もう少し小さめに切った方が良かったかな~。でも小さすぎると衣の量が多くなってボッテリしてしまうのよね。プロの方なら絶妙の加減でポッテリしないんだけどね。そこまでの域には達していません。


ご飯があれば、塩味の山菜かき揚げ丼に出来たんだけど、今回は天せいろなのです。








福井と祖谷を混ぜた細打ち。 私は山菜や海老、

加えてウニや鮪をいただき、


打ったばかりの蕎麦でささやかなお礼。 ささやかすぎますね。 海老で鯛を釣る、ですね。 いや、それ以上。 持ってますね、私(^_^)V






お籠もりの生活に入って3日ほど。 時間はたっぷりあるのです。 あと何分を気にしながらの生活は、 ミヒャエルエンデのMOMOを思い出す。


丁寧な時間を過ごすのが

楽しくなってきた♪


やりたいことがいっぱいあって、 時間が足りなくなりそうな。 それじゃMOMOに逆戻りじゃん(>_<)