久々の蕎麦会@グー

グーせんせーのお蕎麦が食べた~い❤…とのリクエストをいただき、 久々にお客様をお迎えしての蕎麦会です。

 「粗挽き蕎麦と濃い出汁のポタージュ」

 お腹がすいたとグーグー騒ぐお腹の虫に  ほんの軽い食べ物や飲み物を与えて  まずは鳴きやまらせて大人しくさせる。  お腹の虫が養える程度の物を口に入れる

 「虫養い」  

 空腹のあまりにガツガツと  早食いになってしまうことのないよう

 まずは汁物からスタートです。


 「りんごと春菊の胡麻白和え」

 ほんの少しの山葵がりんごの甘さを引き立てます。  先日うかがった徳島県の虎屋壷中庵さん。  そこで覚えた味のメリハリを  さっそく取り入れてみたんです(^_^)V

 はい、真似っこです(^^ゞ





 「はまちの昆布塩〆」

 長年寝かせた真昆布に、  はまちの切り身を並べて塩を打ち、  程よい時間置いたら  芽ネギを挟んで完熟胡椒をカリカリと。  はまちの脂の甘味がよくわかるよう、

 塩気だけで召し上がっていただきました。





 「穴子ときゅうりの手巻き蕎麦」


 酢で味付けると蕎麦の香りが殺されてしまうので、  塩だけでいただきます。  焼き穴子は明石。  ここは兵庫生まれの私のこだわりでしょうねー。    そして美味しさを倍増してくれるのが  吉田商店の桑名の海苔。  グーの蕎麦会のド定番、やっぱり登場でした。


 「蕎麦掻きと牡蠣のグラタン」


 目一杯のスピードでかき混ぜた蕎麦掻きと  軽く塩茹でした丸々と太った牡蠣。  底にはスモーキーなベーコンを少し忍ばせ、

 上には生海苔を散らして磯の香を効かせ。


 牡蠣に味噌をのっけてオーブン焼きに。

 土手鍋のニュアンスを入れたクリームグラタン。

 …と言ったところかなー。


 「志の輔好みのおろし蕎麦」


 これまたグーでのド定番の、福井のおろし蕎麦。  志の輔師匠が気に入ってくださっているので

 こう呼んでも良いですか?で、  お許しをいただきました。

 辛味は七味のところを、今回は、  mother-lineのチャリティー商品の柚子胡椒で。




 「担々麺風胡麻だれ蕎麦」


 塩とほんの少しの醤油で味を決めた胡麻だれは、  溶かした練り胡麻が分離しない程度に温めて。


 グー特製の干し海老たっぷりの食べるラー油を  好みの加減に溶かし込むと、  辛味の利いた担々麺のよう。





 「せいろ二色、味比べ」


 北海道産と福井産の味比べ。  わかりにくいかも知れませんが、  色濃い左が北海道産で右の緑を帯びたのが福井産。

 先ずは塩で、そしてその後は蕎麦つゆで。

 皆さん、比べることが初めてのようで、  お腹いっぱいと言いながらも、興味深く、真剣でした。




 「栗餡の求肥餅」


 求肥の中には栗餡。 

 そして栗餡のセンターにはホイップクリーム。

 とても柔らかくて包みづらいので、  ちょっとデコボコ(^^ゞ

 美しく包餡するのは難しいねぇ(^^;)




 皆さんがお帰りになったあとは、  のんびりとお片付け。

 良い感じでしな垂れていたカラーが  元気よく立ち上がってしまいました(^0^)

 

 


0回の閲覧