紫蘇仕事の会

今年の梅は持ち重みがする梅だったので、梅酢がたっぷり上がりました。


紫蘇は早くから売りに出ていたので、梅に入れ終わっている人が多いと思いますが、 グーで取り寄せている紫蘇は7月に入らないと販売されないので、 まだかまだかと心待ちなのです。 葉を摘み取った状態で送られてくるので1日に用意できる量が限られ、 何度かに分けての取り寄せの第一弾がやっと届き、早速の仕込みです。



赤い葉と緑の葉の選別をします。 ここまで丁寧なことはしなくても良いのかも知れませんが、 毎回手をかけて選別するのは、よりきれいな赤の梅干しに仕上げたいのと、 後でゆかりにしたときに香り高く柔らかい縁に仕上がるからです。


選別した後は塩揉みしてあく抜きし、それから梅酢と合わせます。


お疲れさま~…と言うほど時間はかかっていませんが、 ひと仕事後のご褒美、今回は梅酢を使っての、なんちゃってインド料理です。


ターメリックライスの真ん中を陣取っているのは、梅干しのキムチです。 梅干し入りマサラ、梅酢味のココナッツカレー、インゲンの梅酢胡麻和え、 梅酢で下味を付けた茄子の天ぷら、ラッシーは梅酢で味付けした塩味系。

キャベツのココナッツ和えだけは梅味にしていません。


あと数回、紫蘇が届くのを待っての仕込みが続きます。

今年は梅の出来が良いし紫蘇の発色も良いし。 梅雨明けして土用の丑の日がやってくる頃にはいよいよ最後の土用干しです。



98回の閲覧

最新記事

すべて表示