1月のレギュラークラス


2020年のレギュラークラスは、和食でスタートしました。


「鮭と白菜のレンジ蒸し」


 電子レンジ対応の耐熱ガラスのパウンド型に、生のまんまの白菜・鮭・生椎茸を重ねます。  電子レンジ加熱をして火を通し、出てきた汁に味付けしてとろみをつけて。  温かいテリーヌ。…と言ったところでしょうか。










「百合根の白味噌スープ」


 北海道の真狩は百合根の一大産地。  そこで行われる品評会で賞を取った百合根が、チャンピオンの百合根で1枚1枚に厚みがあります。  12月にお贈りくださった百合根がまさにチャンピオンの百合根。まだ数個あったそれに追い足しをして、潰さずにサラリとした味に仕上げました。  皆さんに当たりますようにと願いましたが、果たして…。







「ねぎごぼうつくね」


 ドカンと大きく焼いたつくねです。

 鶏肉以上にねぎとごぼうがたっぷり入っていて、鶏肉がつなぎになっていると言って良いようなつくね。なめろうの肉版みたいなものですね。












「海苔ふりかけ」

 

 海苔をポリ袋に入れて細かく揉み砕き、他の材料をどんどん入れて混ぜたら塩とごま油で味付けする。  スタッフのお家では子供達がとても気に入ったそうで、レシピを見せたら自分の分は自分達で作っているとか。それぐらい手軽に作れるふりかけです。