蕎麦打ち教室


特別な道具を使わず普段使いのまな板と包丁で、 お菓子用の百均でも買える麺棒で、 少ない蕎麦粉で3人分ほどの蕎麦を打つ。 はい、蕎麦道を突き進んでいる方にはごめんなさいの、 なんちゃってと言われても良い、蕎麦打ち教室です。 塗りの大きな鉢、長い麺棒、こま板、長いまな板、蕎麦切り包丁。 これらをそろえるとなると本気モード。ハードルが高いですね。 そこまでしなくても良いんだけど、 ちょっとは打ってみたいじゃない?かじってみたいじゃない? まあ、そんな人向けです。 でも、出来上がりはちゃんとしていますし、 押さえるところは押さえているので、 粉を増やしたりしても大丈夫。 そんな具合でやってます。

蕎麦粉に水を分散させて吸わせる「水廻し」 ボウルに水をうずまきに入れたら、 菜箸で粉を散らしながら一生懸命撹拌して おから状態にします。

その後、ひとまとめにして、 空気が入らないように気をつけながら練り込みます。 その後、麺棒を使って薄くのばして… …と続くのですが、 はい、写真を撮り忘れ、です。

そして折りたたんで切る。 量が少ないので キャベツを切るようなつもりで。

…と言うと、 キャベツとは違う!と 皆さんから抗議の声が(笑)

まあ、なんとか切れるものです。 ちゃんと長さもありましたよ。

そして、打ち終わったのはお持ち帰りにして、 お疲れさまの食事タイム♪ 蕎麦前に用意したのは、

鱧の子の煮こごり

食べるラー油の冷や奴

煮干しのアンチョビ風

黒鯛ときゅうりの酢の物

夏野菜の炊き合わせ

そして冷やかけは、

梅トマト蕎麦。

その後のせいろは写真を忘れ…。 どうも写真を忘れがちです。(^^ゞ この写真も参加したお生徒さんのを拝借。 ありがとうございますm(__)m

#2018夏期特別講座