矢部の秋刀魚を食べる会


銀座八丁目の「矢部」さんは、 骨を1本残らず取り除いて焼いた秋刀魚が名物で、 まだ秋刀魚には早すぎる時期から お店には問い合わせが来ます。

7月に矢部さんを貸し切って、 生徒さん達と鮎を食べに行ったときに 自慢しちゃったんですよ、秋刀魚の美味しさを。 そしたら、食べたい❤ 企画してくださーい❤ そんなわけで、10日ほど前は「秋刀魚を食べる会」でした。

デモンストレーションで 作り様子を見せてくださいました。

ごま豆腐。 えのきのおろし和え。

なんと、鱧と松茸の土瓶蒸し❤

そして、鰹の刺身と秋刀魚寿司。

そしてそして、いよいよ秋刀魚です。

背開きにして中骨を取り、 はらわたを取り置いて、 腹骨をすき取り、 血合い骨を抜き取る。

薄い腹を破いては元も子もないので、 腹骨をすき取るときは慎重に。

尻尾の方の身は皮を剥いで薄切りにして 腹の位置に貼り付ける。

はらわたは、 たまっているウロコを取り除き、 腹の位置に戻す。

そして串打ちして炭でじっくり焼く。

家でやってみたことありますが、 とても手間がかかります。

それだけにありがたく美味しくいただきます!!

秋刀魚ごはんと蕪汁。

矢部さんの締めは十割蕎麦です。

これまた名物の チーズおろし蕎麦や泡雪蕎麦もあるのですが、

おなか満腹で、私はせいろ。

最後の甘味は、 きなこのパンナコッタ(?)

 みんな大満足の矢部さんの秋刀魚でした。

#和食 #お店の味 #秋刀魚 #課外授業