テイスティングの後はウニ三昧


ウニ食べ比べの後は、 築地ボンマルシェの薄シェフによる「ウニのスペシャルコース」

シェフは、ホントはイタリアンのお店なんですよ、と言いながら、 和風や中華風を取り入れた、無国籍風を披露してくれました。

最初に出てきたのは、炙り佐賀牛の生ウニのせ。

(勝ちどきのかねますの生ウニの牛肉巻きを思い出しました)

その後、手渡しで生ウニの手巻き寿司(寿司飯はトマトヴィネガーで味付け)

ウニのキッシュは直径8cmほど。中にもトッピングにもウニ❤ ウニの春巻き仕立て。春巻きの皮では無く、パートブリックで包んでいる(たぶんね)。

トリュフ卵のオムレツにウニをたっぷりのせて。

トリュフ卵は、卵とトリュフを密閉容器に入れて 容器にこもったトリュフの香りを卵に移したもの。

でもこのときの卵は、今までの卵と違って、

トリュフの香りがすごいんじゃ(千鳥のノブ風に)。

トリュフオイルをタラタラとかけている? …と思ったぐらい鮮烈な香り。

香りが濃縮されて卵に閉じ込められる。

このときの参加者に、 このトリュフ卵を作っていらっしゃる社長が。

火を通すのも良いけど、 是非とも試していただきたいのは卵かけごはん。

黄身を潰した途端、一気に香りが広がります。

お話を伺っていると試してみたくなっちゃいました。

ウニを溶きこんだ出汁で 鮪や海老をしゃぶしゃぶした、

「濃厚ウニのしゃぶしゃぶ」

湯引き程度の火の通し具合。

残ったウニ出汁で、 ウニカッペリーニ。

冷たいスパゲッティで出てくるのかと思ったら、

温かいつゆのスープスパゲッティです。 出汁のベースが鰹と鶏だからか、

かけ蕎麦を思わせます。

サラリといただけました~❤

ウニ出汁を使った二品目は、

ウニリゾットです。

美濃桂からすみをおろしかけた ボンマルシェのスペシャルです。

〆のカッペリーニとリゾットが軽く仕上げられていたからか、 ボリュームがちょうど良く、食べ終わりが、もう入りませんのやり過ぎた感がありませんでした。

グーでも出来るかな、と一瞬考えましたが、

とんでもない会費になりそうで、無理だなぁー。

#お店の味 #海鮮 #食べ尽くす #和食