ほたるいかの会


初漁が1.5キロしか捕れなかったとのニュースで、 今年3回目を予定しているものの、出来ないのでは、と、ヤキモキしましたが、 なんとか開催にこぎ着けることが出来ました。

富山の美味しいものを食べる「ほたるいかの会」です。

届いたボイルのほたるいか3.5キロの目・口・フネを取る下準備からまずはスタートです。

ワタを抜いて取り分け、粉山椒を混ぜたもの、梅肉を混ぜたもの、柚子胡椒を混ぜたもの、 3つの味を作ってそれぞれを胴に詰め直しでもとの形に戻す。

食べてみて3つの味はいったいなぁに?

…と言うことで「三味いったい?」と名付けてみました(^_^)V

小技を使わずそのままも楽しまなくちゃと、オープンサンドです。 トマトソースとバジルとガリをトーストしたにイギリスパンにのせました。

筍と木の芽と合わせて山葵味噌和え。

この季節は富山と言えばほたるいか、…の他に白海老もあります。 白海老ときゅうりのからし酢味噌和え。

ほたるいかの塩気に甘味を合わせた甘夏マーマレードとの生湯葉巻き。

ほたるいかにワカモーレをたっぷりからめて、合間に塩チーズクッキーで味を変えて楽しむ。

富山と言えば、扇一の鱒の寿司! 見よ!この鱒の厚み! ほたるいかの会、寒鰤の会、共にこの鱒の寿司だけが欠かせません。

白海老もう一つの料理。 頭と尾を取って、チヂミにしてみました。

ほたるいかをペーストにして焼売にしました。 何もつけなくてもそのままで味はOK。

麻婆ほたるいか。 これが結構好評でして(^^ゞ ほたるいかをたっぷり使ってるから旨味がすごいんですよ。 味と見た目のインパクト大といったところでしょうか。

ほたるいかと舞茸の土鍋ご飯。 蒸らしの段階になったところでほたるいかのペーストをたっぷり入れ、 ベーコンの油で炒めた舞茸をのせます。

ご飯は脂を落としたベーコンを混ぜて炊き込みます。 おこげも出来ていましたが写真には写っていませんねー。

最後の甘味は、珈琲風味のロールケーキと抹茶たっぷりアーモンドクッキーです。

今回もお腹いっぱい! 皆さん来年も参加する気満々で、参加出来なかった人も来年はリベンジ!と参加する気満々。 競争の激しい会になりそうです

#寿司 #海鮮 #魚料理 #富山の味 #食べ尽くす